MCH Official Goods

自分が欲しいものを作ってみようかと。

memories I 2017 – 2021 を作ったあとに、ふと思いついて pixivFACTORY を開いて、いろいろなグッズにアルバムアートや Secondlife の SS を当てはめて遊んでいて。
よくできたと思えたものは登録しておいて、Elly とふたりで、自分たちのために実物を購入したのだけれど、これが二人ともすごく気に入ってしまって。

気に入ったから調子に乗ってアルバムアートを素材にいろいろ作って、調子に乗ったついでに Booth で販売してみたら、Elly の広報のおかげで売れて。
memories I 2017 – 2021 のアルバムアートは Elly との共作だから、すごくうれしかったし、買ってくださった方がアクリルブロックをおうちに飾った写真を拝見したときは、涙が出そうになった。
ありがとうございます、ほんとうに。

基本的にはわたしが、暇なとき、あるいはやる気が出ないときの一人遊びで作っているんだけど、Elly には必ず見てもらって、意見をもらうようにしている。
出不精な田舎者のわたしと違って、ライブやクラブに足しげく通った経験のある都会育ちの彼女の意見は本当に貴重で、しかも内容が的確なので、なるほどふむふむとうなずきながら、修正したり作り直したりして。
こういう一つひとつの活動、本読んだりとか映画観たりとかも全部、わたしが今直面しているちょっと困ったこと、Elly とやり取りしたときの言葉を使えば「(昨年末の内面の劇的な変化で)これまでの回路が壊れて、でもまだ新しい回路が(頭の中に)できていないような感じ」を突き抜けるための一歩一歩になっているような気がする。

Modulisme のために一時間の音を作るべく、素材を集めたり加工したりし始めつつ、これまで頭を撃ち抜かれたたくさんの音をもう一度片っ端から聴き直したりして。
誘ってくれた Philippe をがっかりさせたくないと思えば思うほど、謙虚ではなく卑屈な気持ちになっていくような気がして、わたしはどう頑張ってもひっくり返ってもわたしでしかないし、わたしのやりたいことをやりたいようにやるのがわたしの音なんだと開き直るところまでは来られたけど、さてここからどうしようかなと途方に暮れている。

つい最近になって、「新しい回路」ができあがりつつあるのを、ぼんやりとではあるがようやく感じられるようにはなったので、Official Goods の宣伝もしつつ、わたしたちの今をここに残しておこうと思って、キーボードに向かった。
今日からもまた、楽しみながら、戦おうと思う。おそらく、自分と。

♪よかったらシェアしてください♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる